気持ちいセックスのパートナーとしての関係を長続きさせる方法

セフレというのはセックスの相性が一番大事。
そして、普段恋人やパートナーにはできないプレイを思いっきり楽しむことができる関係が大事です。

ポリネシアンセックスに興味があるけど、今の彼氏や旦那とは嫌だ。
旦那や彼氏以外にポリネシアンセックスのパートナーを作りたいそういう男女が増えているそうですが、
ポリネシアンセックスを楽しむということはセフレという関係を長く続けることが大前提。

ちなみにポリネシアンセックスとは

射精よりも精神的な交わりを重視し、通常は数秒しか持続しない男性のオーガズムが長時間持続する。ポリネシアン・セックスには様々な方法がある。
性行為は5日に1回程度とし、残りの4日は性器を刺激しない愛撫だけに留めて気分を高める。
前戯に最低1時間かけ、また陰茎を膣への挿入後 30分はピストン運動を行わず、抱擁や愛撫に留める。
ポリネシアン・セックス – Wikipedia

淡白な男性には無理でしょう。

せっかく作ったセフレであれば、なるべく長く関係を続けていきたいですよね。しかし、セフレと長期間、おなじような関係を続けるのは実際にけっこう難しいものです。そのため、セフレに対し、適切な扱いをして、関係を長続きさせるテクニックを知っておく必要があります。いったい、どんなとことに気をつければよいのでしょうか?

丁寧に扱いすぎない

セフレの関係を続けるつもりでも、まったく優しさを見せない、というのは難しいものですよね。かといって、あまりに丁寧に扱いすぎると女性は恋人扱いを要求してくるものです。セフレであることを堂々と宣言していればいいのですが、そういうわけでもなく「なんとなくいまの関係になった」という人も多いですよね。そのような場合にはたとえ、いまはセフレだと暗黙の了解でわかっていても、女性が「恋人への昇格」を望んでくる場合も多いですので、気をつけなければいけません。ですので、あまりに丁寧に扱うのは禁物。

セフレの関係だけを続けている限りは安定していても、恋愛が絡んでくると逆に関係解消を早めてしまう、というパターンも多いものです。ですから、ここでうっかり恋人のように扱ってしまうと不安定な関係になってしまうこともしばしばなので、注意が必要です。

「会う=セックスする」を堅持する

セフレと会うとき、なんとなくバリエーションを付けたくて、軽いノリでいつもとは違うお店に行ったり泊まりがけで旅行に行ったりすることもあるのではないでしょうか? しかし、長く関係を続けたいのであれば、これは禁物。逆に、毎回おなじお店で食事をし、毎回、同じホテルに行って、同じようにセックスをして、別れる、というのを続けたほうがよいのです。

なぜかといえば、しつこいまでに同じような行動パターンを習慣化すれば、相手の女性もそれに慣れ、違和感を抱かなくなってくるもの。それどころか、無意識に慣れ親しんだその週間を壊すまいと必死になりセフレ関係の安定化に努めようとしてくれるんです。

そして、待ち合わせ場所にも工夫が必要。繁華街のレストランなどで待ち合わせをしたりすると相手がデート気分にならないとも限りません。ここはホテルのロビーで待ち合わせてそのまま部屋に入ったりなどの工夫をしなくてはいけません。女性を恋人気分にしないで、いかに、「会う=セックス」というアピールを堅持するか、というのが、セフレ関係を長続きさせる鍵になるのです。逆に、本命の彼女にしたい場合はそのパターンが出来上がる前に方針を転換する必要がありますので、気をつけるようにしてください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ